NOT FOUND.

生き方、お金の話、趣味の話


スポンサードリンク
 

タイムズカープラス会員必見!乗り捨て可能な一人乗り電気自動車「Ha:mo(ハーモ)」とはいったい。


スポンサードリンク
 

f:id:kudoushinnichi1998:20181005131856j:plain

 

こんにちは!大学生ブロガーのKazukiです!

 

今回も僕が個人的にすごく魅力感じています。タイムズさんのおすすめサービスについてです!

 

2017年12月26日、「Times Car PLUS × Ha:mo」のサービスを開始しました!

 

利用できるステーション数は首都圏を中心に現在は100箇所を超えます。

 

 

乗り捨て可能な電気自動車

「Times Car PLUS × Ha:mo」とは、一人の利用の電気自動車を貸したいときに借りて、都合のいい場所に返却ができるカーシェアリングサービスです。

 

このサービスが普通のカーシェアリングと何が違うかというと、乗り捨てにかかる追加料金が一切不要という点です。

 

しかし、一人乗りという制限があったり、対応している駐車場が普通のカーシェアリングより少なかったりと制限があるものの、シェアサイクルを使う感覚で利用できます。

 

 

 

 

 

 

 

低料金で利用できるという魅力

料金はなんと15分あたりわずか206円!

 

例えば、15分であれば豊洲から門前仲町まで行けますし、そのまま駅付近のHa:mo対応タイムズに乗り捨てられます。

 

ここで乗り捨てられるということのメリットとして

例えば、このHa:moを買い物に行きたいときに利用するとします。通常の場合は乗り捨てることができないので、買い物をしている間。つまり車が駐車場に止まっている間もレンタル料金がかかってしまうことになります。

 

しかし、これがHa:moなら。。。

 

もう説明する必要ないですよね(笑)

 

そうですいったん乗り捨てて帰るときにもう一度借りるということができるのです

 

ワンウェイで利用できるメリットはほかにもいろいろありそうですね!

f:id:kudoushinnichi1998:20181005134609j:plain

なお乗り捨て可能なHa:mo対応タイムズのサービス範囲は来たがJR上野駅付近、南が大江戸温泉物語、西が品川、東が葛西駅辺りまで広がっています。タイムズの看板にある「Timas Car PLUS × Ha:mo」表記が目印です。

 

一人乗りなので、利用するシーンは限られているかもしれませんが、雨天時の通勤終電後の帰宅時などに今後活躍しそうな気がします。

 

 

「Times Car PLUS × Ha:mo」をレンタルする方法

最後にレンタル方法を解説しますね!

 

1.まず「Times Car PLUS」を契約し、Ha:moの利用に同意

2.専用のスマホアプリ「Ha:mo RIDE」もしくはWebサイトからHa:moを予約(乗車30分前から予約可能)。

3.30分以内に乗車。

4.対応のタイムズに24時間以内に返却(充電設備がある場合は充電プラグを指して返却するとポイントを付与)

 

f:id:kudoushinnichi1998:20181005135758j:plain

ということで、個人的に興味を持ち調査してしまいましたHa:mo。

実際に利用しに行ってみると完全に無人で、いちいち書類を書いたりチェックも不要です。本当に気軽に借りられるので今の時代の流れにあったサービスだと思います。(^^