NOT FOUND.

生き方、お金の話、趣味の話


スポンサードリンク
 

大学生の僕が原付で3日間1000km旅した話。


スポンサードリンク
 

f:id:kudoushinnichi1998:20181011143945j:plain

 

こんにちは!大学生ブロガーのKazukiです。

 

今回は僕が大学1年の夏休みに日本海を見に行こうという計画を実行した話をしようと思います。

 

なぜ日本海かというと、まあ理由はありません。何となくです( ´∀` )

 

とにかく非日常から抜け出したい。という自分の中の気持ちが爆発した結果ですね。

 

 

 

移動手段に原付を選択した理由

なぜ今の世の中電車や高速道路などの便利な手段がある中で50ccの原動機付自動車をチョイスしたかと言いますと、単純に非日常と達成感を得たかったからです。

 

例えば、山登りに行くとします。その際、山頂間際までロープウェイを使って登るのと、山のふもとから自分の足で様々な体験をしながら登頂するのでは、得るものや景色の見え方、記憶の残り方が大きく異なります。

 

僕は高校の時はロードバイクというスポーツバイクを購入しいろんなところを見て回りました、その時見た景色や、その時食べたごはんが今までで一番おいしく感じられることを実感を持って知っています。

 

そのような経験から、少しでも達成感や日常から離れた感覚を得るために今回は原付を用いて旅をしました。

 

f:id:kudoushinnichi1998:20181011145246j:plain

 

今回旅を共にしたToday af61ちゃんです。オレンジ色のlet'sは友人の愛車です( ´∀` )

 

 

大まかな計画

神奈川~石川までを3日間かけて目指すというのが今回の計画になります。

 

1日目:神奈川~高山市

2日目:高山市白川郷~金沢

3日目:金沢観光~

 

という計画になりました。

 

 

道案内はGoogle mapを利用しました。

 

 

1日目

1日目は神奈川~山梨~松本と経由しました。高山まではたどり着かず、長野県松本市岐阜県高山市との間にあるキャンプ場についた時点で夜7時になってしまいました。

 

このキャンプ場で寝る選択をしたのが間違いでした。。。

 

・朝食:時間も早かったのでコンビニ飯です。

 

国道20号線ですね、山梨の手前だったと思います。

 

こっちのほうは本当に水が澄んでいてきれいですね~

 

思わず足を止めてしまいました(笑)

 

もうすぐ山梨です。

 

 

山梨では水信玄餅を食べようと思っていたのですが、少しルートを離れなければいけなかったので通り過ぎて長野県の諏訪湖に向かってそこでご飯を食べようとなりました。

 

諏訪湖でとんこつラーメンを食べ、峠を越え少し開けた場所に来ました。たしか松本手前かな~。

 

おおおおおお!天国への階段ですね(笑)

 

さあ、松本を通過して、1日目の目的地の高山まで残り100km弱です、、、。

(時間、大丈夫かな。。現在16時)

 

「ん?なんか、寒い。」

 

松本を抜け158号線に入ったあたりから急激に気温が下がってきました。

このあたりから山に入るんですね。

 

夏なのに夏とは思えないくらい寒かったです。

たぶん15℃くらい。

 

そんななか原付。ほんと生きた心地がしませんでした。

 

この付近には乗鞍や河童橋などの長野の観光地がたくさんあったのですが、時間に追われ、寒さに耐えていた僕たちによっている余裕はありませんでした。

(ああ、早く山道抜けたい。。)

 

そんな12時間くらいバイクに乗り続けている僕らをさらなるハプニングが襲うのです。

f:id:kudoushinnichi1998:20181015131729j:plain

 

実際は夜だったのでこの看板を危うく見逃すところでした。

 

「え、自動車専用道路!?原付通れなくね?」

 

途中目的地にしていた平湯温泉までのこり8kmくらいのところでした。

調べてみると、中部縦貫道路(安房峠道路)というらしい。

 

しかし旧道があるらしく周りをきょろきょろしていると、

f:id:kudoushinnichi1998:20181015132137j:plain

 

ありました。これだ。

 

道がつながっていたことでひとまず喜びましたが、その道のりと距離を見て愕然としました。

 

 

ええええええええ。10kmくらい距離増えるうえにめっちゃのぼりじゃん。

 

この時は軽く心折れましたね。雨も降ってきましたし。

 

時速10km/hで峠を越えやっとの思いで平湯温泉キャンプ場についた時には19時を回りそうでした。

 

急いでキャンプ場に向かわなければと思いテントを張り近場の温泉に入り、寝よう。と思ったときに、今回の旅最大の問題が発生したのです。

 

 

山の中、大雨、テント泊しかも夏だったので寝袋も長袖すらありません。

 

本当に死ぬかと思いました。

 

寒すぎて合羽を着てさらにビニール袋を被るようなことは人生でもう経験したくはないですね(笑)

これから旅に出てみようという方にはまず季節関係なく防寒対策だけはしていけと忠告するでしょう。

 

 

2日目

無事。ではないですけど朝を迎えることができました。

 

友人のテントは中まで浸水してきて足が凍死したかと思ったそうで、しかも一睡もできなかったそうです(笑)

 

昨晩は、疲れ果てたのと周りにコンビニも何もなかったので何も食べることはできませんでした。

 

おなかすいた、と思いながら高山に向けてバイクを走らせます。

 

高山市手前で、デイリーヤマザキがあったのでそこで暖かいお弁当を食べます。

(コンビニ。県道158号線入ってから初めて見た気がする。)

 

 

 

さあ、ついに高山市に到着しました!!!

実は今回の原付旅計画の段階ではほんとは高山市が最終ゴールでした。 

 

そんなメインであります高山市、いろいろ見てみました。

 

実はここ『氷菓』というアニメの聖地なんですね。

筆者はこのアニメが本当に大好きで、深夜アニメを見始めた最初のアニメでもあります。

 

ここに来ることは中学生の時からの夢でしたので自分の足で来ることができて本当に良かったです。

 

雰囲気は京都みたいに昔ながらの町づくりで、外国人観光客も結構いました!

 

それにしても緑が多く気持ちがいい街ですなあ( ´∀` )

 

 

 

半日ほど観光をし、見たかった場所も見ることができたので友人と河原におりて今後の計画を再度話し合いました。

 

ここにきて筆者が「白川郷に寄りつつ日本海を目指そう」と提案したところ、友人の反応は、

 

(;'∀')

 

まさにこんな顔をしていました。

 

まさに「こいつ頭おかしいんか?」という顔。

 

友人の意見は「ここから日本海まで100kmくらい。確かに行けなくない。けど、ここから家とは逆方向に100km進むということは、200km走行距離が増える。それは考えたくない。」とのことでした。

 

友人とは中学、高校が一緒で大学こそ離れましたが付き合いが長い友人でした。

 

その長い付き合いの中で、あそこまで自分の意見を突き付けてきたのは初めてだったかもしれません。

 

30分ほど進むか戻るかを話し合った結果。

何を言われても進みたいと言い続けた筆者を相手にして壊れた友人が

 

「仕方ねえ!行くぜ日本海!」

 

日本海行きが決定しました。

 

ルートは、高山で昼食後

高山~白川郷~千里浜なぎさドライブウェイ

と決定しました。

 

 

そうして2日目バイクにまたがり出発。

 

 

途中の山道にこんなところがありました(笑)

旅人に優しいですね。たすかります。

 

2時間ほど進むと見えてきました白川郷

目の前の道路は信じられないくらいの渋滞でした。

(原付でよかったあ。)

 

 

合掌造り初めて見ました。ここはまたゆっくり観光しに来たいですなあ。

 

さて、どんどん北上していきます

 

f:id:kudoushinnichi1998:20181015141818j:plain

白川郷から石川県へ抜けていく途中に面白い道に遭遇しました。

 

この道、『飛越峡合掌ライン』というのですが、橋を渡るたびに富山県岐阜県の県境を7回行き来するらしいのです。

 

実際に走ってみると、富山県岐阜県を知らせる看板が多数設置されていました(笑)

 

初めて通る道でしたので、とても新鮮で楽しかったです。

ドライブやツーリングが趣味の方は一度は行っておきたいですね!

 

そんなこんなで北上を続け、今日の石川県に入ったので、キャンプ場を探していると、またもや問題が発生します。

 

雨が降ってきます。さらに、キャンプ場がどこもやっていません。

 

困りました。

 

そこで、出発前に道の駅の営業時間後ならば敷地内でテントを張っても大丈夫なところがあると聞いていたので、近くにあった『道の駅 高松 里山館(上り)』という道の駅がなんと目的地である千里浜なぎさドライブウェイのすぐ近くにあるではないですか!!

 

早速こちらの道の駅へ向かい、ちょうどおなかもすいてきたので腹ごしらえをすることにしました。(ラーメン以外売り切れていて、またラーメン。)

 

f:id:kudoushinnichi1998:20181015143225j:plain

 

訪れてみるととってもきれいで休憩スペースもあって本当に助かりました。

しかも驚くことに足湯まで設置されていました。

 

 

どれだけドライバーの事を考えてくれているんだこいつ。。

 

管理の方に許可を求めたところ、開店時間前に撤去してくれればテントを張ってもいいということでしたので、閉店まで日本海に沈む夕日を眺めたり、休憩所で休んだりして過ごしました。(ここはまた来るまで来るしかない。)

 

f:id:kudoushinnichi1998:20181015143621j:plain

 

テントはこちらのスペースに張らせていただきました!

ありがとうございます!!!

 

明日千里浜なぎさドライブウェイで朝日をながめて、石川県には和倉温泉というところがあるらしいので向かって朝風呂に入ろう!ということになりました。

 

それでは、おやすみなさい。💤

 

 

はい。今日も発生トラブルです。

一時的に落ち着いていました雨が深夜の3時くらいに降り始めたのです。

 

精神的に来ますこれは。

 

テントは防水しようではなく、2日連続で濡れながら寝るのは嫌だったのでテントをしまい、寝るところがない、しかし、眠い。

 

追い込まれた我々が取った行動は、、、

ベンチでカバンを枕にして2時間ほど寝ました。

 

ベンチなんて硬くて寝られないと思ったのですが、この度の中で一番気持ちよく寝られました(笑)

 

ほんと旅から帰ってまず家があるっていいなって思いましたよほんとに( ´∀` )

 

 

3日目

予定通り日の出を見るためにその時間に合わせて千里浜なぎさドライブウェイへ向かいました。

 

「うおおおおおおおお!!!海岸に看板がたってるよ!!」

 

この光景には正直感動しました。

 

残念ながら曇っていたので日の出を拝むことはできなかったのですが、朝、バイクで海岸をツーリングするという貴重な経験ができたのでよしとします!

 

和倉温泉に向かう途中にすき屋で朝セット的なものを食べましたが、朝ごはんコンビニじゃないの今日が初めてで、この朝ごはんが一番うまかったかもなあ。

 

さて、和倉温泉到着しました!

 

 

『わくたまくん』とってもかわいいです( ´∀` )

 

実は筆者温泉にも結構行ってまして、しかしその範囲は山梨、長野、群馬付近に限られていました、今回日本海側の温泉に入るのは初めてなのでとてもワクワクしています!

 

 

温泉に入った感想は

「なにこれ!しょっぱい!あったかい海水!」

 

初めての感覚の温泉でした!

やっぱり旅は未知との遭遇が楽しいなあ

 

入浴料も440円と良心的で設備もとてもきれいなのでおすすめです!

lifemagazine.yahoo.co.jp

 

温泉でゆっくりと体を休め、さあ、目的地には着いたけど、これからどうしようか。

 

まあ、普通ならここで来た道を引き返してまっすぐ家に向かうのですが、ここで来た道を引き返すなんてもったいないって思ってしまったのが、今回の旅の最大の間違いだと今では思っています。

 

話し合い本日のルートが決定しました。

 

和倉温泉~富山(海鮮を食べよう)~新潟~松本

 

です。

 

 

今思うとどうしていけると思ったのか不思議でたまらない計画です。

初日はまる1日かけて250kmくらいしか進めなかったのに対して、半日で240kmを進もうとしていたのです。

 

しかし当時の僕たちはいける!いける!目的地にたどり着いたこともあって感覚がおかしくなっていました。

 

日本海側を気持ちよく走ってみたいという気持ちもありました(笑)

 

そして富山駅に到着しました。

 

富山駅は初めて来たのですが、とても大きく驚きました。

白エビ天丼が名物だったのでこちらをいただきました

 

 

そして新潟目指して日本海側を走っていきます。

 

とっても眺めがきれいです。

ここもまたきてみたいなあ

 

日本海はあんまりべたべたしない印象ですね。

 

新潟から長野へ向かっていく一本道を走っているときに大雨に見舞われました、そして逃げるように満喫へ入りました(笑)

 

 

4日目

4日目も朝早く出発しました。

しかし、寝ぼけたまま、疲労もたまったまま走っていたのがいけなかったのでしょう。

 

一番恐れていたことが起きてしまいました。

 

そうです。

 

僕がこけました。。。

 

信号を見ていなく、急ブレーキをかけたところ見事にこけました。

 

幸い骨には異常がなさそうでした。

(めっちゃ腫れてるけどね!)

 

しかし、バイクのエンジンがかからない。

やってしまいました。家まで残り200kmのところでやらかしました。

 

ここで筆者は原付を一時的に置かせていただき、車で取りに来ることを決意しました。

 

ここまで共にした友人ともお別れです。

 

 

こんな感じで後味が少し苦くなってしまった旅でした。

 

いやあ、ほんと、事故はよくないですね!安全第一です。

 

無茶無謀は達成感を得ることはもちろんできますが、やりすぎはよくないと思いました。

 

 

来年はもう少し余裕を持ったプランで行くかなあ。

 

 

まとめ

今回の旅を通じて、皆さんにアドバイスするとしたら

・安全一番

・適度に無理しよう

・ご飯はちゃんと食べよう

・余裕をもって計画を立てよう

です。

 

では皆さんも有意義な旅を!!!