NOT FOUND.

生き方、お金の話、趣味の話


スポンサードリンク
 

【評判】リゾートバイトはおすすめ?きつい?稼げる?実際の体験談を交えて紹介!


スポンサードリンク
 

f:id:kudoushinnichi1998:20181107122701j:plain

こんにちは。大学生ブロガーのKazukiです。

 

今回は、僕が実際に高校生の時に漁っていたリゾートバイトについて実際の体験談を交えたうえで書いていこうと思います。

 

この記事では

・リゾートバイトの評判

・おすすめする理由

・実際稼げるの?

・気を付けたほうがいいこと。

について詳しく説明していきます。

 

 

リゾートバイトとは?

まずは「リゾートバイトってなんぞ?」って人のために少し説明します。

 

リゾートバイトというのは名の通り「リゾート」地でアルバイトすることです。 

 

・主な勤務先

勤務先は様々な例があるのですが、一例として

・温泉

・旅館

・スキー場

・海の家

・キャンプ場

などなど、いろいろあるようです。

 

北海道から沖縄まで全国いろんなところで働けるのが特徴です。

 

僕が勤務した案件について

僕は何回かリゾートバイトに参加しているのですが、その中で個人的に良かったなあという案件2つを例にとって紹介したいと思います。

1.ダムのトロッコ記念写真

これは僕の人生初のリゾートバイトになります。

期間は高校1年生の夏休みの5週間ほどですね。

 

バイトが始まって軽く説明や宿泊施設の案内を受け、実際に勤務って感じでした。(仕事と言ってもお客さんが通ったら写真を撮るだけなんですけどね。)

 

この勤務先を選んだ理由はただ一つです。

 

楽して稼げそうだったから

 

まあ夏で暑かったので避暑地に逃げたかったってのもありますけど(笑)

1.1.仕事内容

先ほども紹介しましたけど、僕の仕事はトロッコの記念写真をひたすらに撮る係でした。

 

それ以外の時はスマホを見たり、景色を眺めたりしていました。

 

あんまりぼけ~っとしていると写真を取り損ねてしまいそうになるので注意が必要でした。(スマホはばれたら怒られます。)

 

2.スキー場のリフトスタッフ

これは高2の冬休みに金を稼ぎつつスノボー極めよう!とおもい友達と軽いノリで応募しました。

 

この案件を選んだ理由はなんといっても

 

スノボー一式レンタル無料とリフト券無料の特典狙いです

 

これは大きかったですねー。

 

このリゾバのおかげでだいぶスノボーを練習することができました。

 

2.1.仕事内容

想像つくかもしれませんが、リフトに乗るお客さんの誘導や補助をする仕事です。

 

「この線でストップしてくださーい。」

 

「はいどうぞー。」とか言って誘導します。

 

雪が降っているときは、乗り場の周りの雪かきなどしたので、力仕事の部分もありましたが、晴れているときは絶景なので心が浄化される気持ちでした。

 

リゾートバイトの1日のスケジュール

1日の流れについては勤務先によって異なると思いますが、今回はスキー場を例にとってみていこうと思います。

 

・スキー場バイトの1日のスケジュール

7時:起床

8時:勤務開始

13時:休憩&お昼

14時:勤務再開

17時:勤務終了

18時:滑る!

21時:夕食&飲み

 

1日のスケジュールを見てもらえれば分かる通り

 

早番であれば仕事後、遅番であれば仕事前に約3時間滑ることができました

 

もちろん休日になれば1日中滑ることができます。

 

ここで注意したいのが、ナイター営業していないところでは仕事がある日は滑れません。

 

リゾートバイトの特徴

f:id:kudoushinnichi1998:20181107131318j:plain

 

・リゾートバイトって稼げるの?

最初に言っておきたいのは

リゾートバイトはそこら辺のアルバイトよりは断然稼げます!

 

拘束時間が長いことや、時給もほかのアルバイトより若干高く設定されています。

 

拘束時間が長いことはメリットにならないかもしれませんが、とにかくお金をかけずに生活することができます。

 

というのは、住み込みで家賃もかからず、しかも食事も支給されるからです。

 

・どんな人が来ているのか?

スキー場に関しては、やっぱり若い20代のフリーターの人が多かったです。

 

しかし、ダムに関してはいろんな人が来ていました。

 

時期と案件によって年齢層がずいぶん変わるような印象を受けました。

 

中にはブロガーしながら家を持たず満喫生活に飽きたので、今はリゾバをはしごしているなんて人もいました。働きながら日本のいろいろなところを回れるというのは確かに利点かもしれません。

 

・リゾートバイトはきついのか?

一言で言って今うと、ものによります。(笑)

 

写真を撮るだけの仕事もあれば、雪かきをしなければならない仕事もあるのです。

 

それでも雪かきのような仕事がゴリゴリにしんどいのか?

 

と問われると、まあそんなこともありません。普通のアルバイト程度ですw

 

発想の逆転で、中には楽なバイトもあるよ~くらいに思っておくのがいいと思います。

 

リゾートバイトの3つのメリット

1.短期間で稼げる

1か月くらいの長期休みを利用すればガッツリ稼ぐことができます。

 

支出がほぼ皆無の状態での長期休みなので、働いた分だけしっかり貯金されていきます。

 

僕の場合は5週間働いて25万以上貯金できました。

 

2.通勤時間なし

普段は学校の近くで働いていて長期休暇にもわざわざ定期を発行して、時間をかけ通勤している人もいると思われます。

 

しかし、リゾートバイトでは勤務場所の目の前に寮があることが多いので1分もかからず行けてしまいます。

 

勤務前ぎりぎりまで寝てられます(笑)

 

3.いろんな特典がある

僕の案件の場合、トロッコの写真撮影の場合は近くの温泉が無料で入れました。(1回1000円くらいする温泉です。)

 

温泉好きの僕にはたまらない特典でした。

 

スキー場は前述したように、スノボーやり放題ですw

 

一緒に行った友人はなんか申し訳なくて気が引けると言って温泉は使わなかったらしいのですが、もったいないですね。

 

リゾートバイトを利用した人たちの声

Twitterでリゾートバイトと検索するといろんな人のリアルな声を聞くことができました。

 

いやあ。僕も次の長期休み久々に行ってみようかな!

 

個人的に感じる唯一のデメリットは

田舎が多いのでお店が遠いくらいですね。

 

 

 

経験者が語る。リゾバの案件を選ぶ3つのポイント

1.住み込み寮の環境

『個室か相部屋か』という点を確認したほうがいいです。

 

一応人間なんでプライベートゾーンが無いとさすがに死んでしまいます。

 

後はネット環境も確認したほうがいいですね。

 

 

2.食事は何食支給されるのか?

 

支給される食事についても結構豪華だったり、質素だったりピンキリです。 

 

どんな形で差が出てくるのかというと

休日の食事の有無。弁当なのかレストランなのか。朝食の有無。

などなどです。

 

支出をぎりぎりまで減らしたい人は食事支給が多いところがいいでしょう。

 

3.周りの環境

少なからず1か月ほど滞在するんで、買い物をする機会が時々来るんですね。

 

そんなときのために周りの地理は多少なり調べていったほうが安心でしょう。

 

周りに観光地があるのだとしたら休みの日に行ってみるのもいいですしね(笑)

 

まとめ

実体験を主にお伝えしましたリゾートバイト。どうでしたか?

もう一度おさらいすると

 

リゾートバイトは

・短期間で稼げる

・特典満載

・支出を減らせる

です!

 

ちなみにリゾートバイトを探すなら「アルファリゾート 」が断然おすすめです。この理由についてはこちらの記事をどうぞ

jinnseikashikoku111.hatenablog.jp


 これからリゾートバイトにいこうと考えている人の参考になったら嬉しいです。