NOT FOUND.

生き方、お金の話、趣味の話


スポンサードリンク
 

【デリバリー】出前館のアルバイトを半年やってみたけどやはり楽すぎる。

こんにちは大学生ブロガーのKazukiです。

 

今回はこれまで10を超える種類のアルバイトをしてきた私が、出前館というアルバイトがどんなに素晴らしいかを語りたいと思います。

 

出前館って何?初めて聞いたよって人は前回の記事を読んでいただければと思います。

jinnseikashikoku111.hatenablog.jp

 

実際にやってみてどうだったか?

 

僕自身、高校生ならともかく大学生にもなると出来るアルバイトの選択肢が広がります。そんな中で飲食店やコンビニ店員などの最低賃金でこき使われるようなバイトをしている人は賢くないと僕は考えます。

 

それでは、出前館はコンビニや飲食業などと何が違うのかと言うと、まず僕がやっていて感じる点を挙げると、

 

1.監視されている感じがない。

2.時間的に暇なことが多い。

3.時給が一般的に高い。

 

この三点において出前館のほうが優れてます。

 

1.監視されている感じがない。

コンビニなどの閉鎖的な空間ではなく、屋外での勤務になるので、当然社員が一緒の空間にいるなんてことはありません。常に一人もしくはバイト仲間との時間が多いです。いくら社員との人間関係がうまくいっていたとしてもアルバイトで人間関係で上司にペコペコしても時給が上がるわけではないのでこれは出前館のメリットであると言えるでしょう。

 

2.時間的に暇なことが多い。

これは特に平日+土日の14時~17時くらいに言えることなのですが、とことん暇です。注文が3時間全く来ないことなんてざらにあります。最近だとフルタイムでの配達件数が4件なんてこともありました。単純計算で2時間に1件です。

この暇な時間を用いてこの記事を書いたり、学校のレポートを行ったりしています。なのでテストが近いからと言ってシフトをけ鶴必要は全くないです。出勤して金稼ぎながら勉強しましょう( ´∀` )

 

3.時給が一般的に高い。

これは出前館に限った話ではないですが、デリバリーのアルバイトは普通のアルバイトに比べて高めに時給が設定されています。僕が働いている出前館は時給1100円です。低いところと比べると一時間で100円ほど変わってくるので、多少ですがメリットだと思います。しかし、お金と等価である「時間」を失わずにお金を稼ぐことができるという点がやはり一番のメリットではないでしょうか。

 

基本的な一日の流れの紹介

僕が出勤した際の一日の流れをざっくりとですが紹介しようと思います。これを見てイメージしてもらえればなと思います。

 

12時 出勤

12~13時 約2件ほどの配達

13~14時 1時間の休憩

14~18時 基本的に暇。フードコートやマックで勉強やらを行う。

19~22時 1時間に2件ほどの注文(1件40分)を上手いこと裁く。

 

まあざっくりこんな感じですね。

1時間の残業が基本的にあるので残業代含めて一日で約1万円稼げるイメージです。

 

まとめ

人生において(大学生はとくに、何か勉強なりすることが自己投資につながるので)時間というのは時にお金よりも大切であります。この時間をある程度守りつつ、生活に必要なお金も稼ぐ。これが暇なようで忙しい大学生にとってはベストだと僕は考えます。皆さんも僕のような視点も含め自身のアルバイト先を選択されてはと思います。(個人的ベストは出前館。)

 

出前館の求人はマイナビバイトで見つけることができます。

さらにマッハバイトから応募して採用されればマッハボーナス(5千円くらい)を受け取ることができるのでお勧めです!

 

栢木先生のITパスポートはダメ?独学でITパスポートを取得する際に絶対におすすめの参考書はこれだ!

f:id:kudoushinnichi1998:20190204100951j:plain

こんにちは!みなさんはITパスポートという資格があるのはご存知でしょうか?

 

ITという単語を目にすると少し理系チックな感じをイメージする人も多いと思いますが全く持ってそんなことはありません。

 

ITパスポートは簡単に言うと3つの分野に分かれていて、その分野は

・ストラテジ系

・マネジメント系

・テクノロジ系

に分かれています。

 

この3つをもっとかみ砕いた言い方で言うと

・経営者の仕事に関する内容

・管理職の仕事に関する内容

・コンピュータの仕組みに関する内容

です。

 

要するに社会人として最低限必要であると思われる内容が一つにギュッとまとまっている資格です。

 

ITパスポートの内容などは他の人の詳しいサイトを見てもらうとして、僕が今回お話ししたいのは、この資格を独学で取得する際に使う参考書についてです。

 

 

参考書って必要?

何事も勉強する際に必要な資料があります。それは

①参考書

②問題集

です。

 

大学受験をしたことがある方なら経験したことがあると思いますが、何事も勉強の効率を上げるためには質の良い参考書が必要になってきます。

 

まず参考書でしっかりと理解しないと問題集を解いても身につかないからです。

 

なので勉強は参考書選びに時間をかけなければいけないのです。

 

しかし、インターネットの普及により自ら足を運ばなくても書籍の評判などの情報が簡単に手に入る時代になってきています。なのでネットでサクッとAmazonかなんかのレビューを読んで良さそうじゃんこれでいいや。

 

なんて感じに選んでいる人多いと思います。

 

小説とかならそれでもいいと思うんですが、資格取得は参考書選びで決まる。とも言われているのでしっかりと検討したほうが良いでしょう。

 

栢木先生がいいのか?

「ITパスポート 参考書」こんなワードで検索をかけた人いるんじゃないですか?

平成31/01年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室

平成31/01年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室

 

 

その人たちはこの参考書にしようかと考えているのではないでしょうか?

 

 なぜかこの参考書めっちゃ勧められているんですよ。

最初は僕もこの参考書買おうかなって思って本屋さん向かいましたから

 

けど実際に本屋さんでこの本を手に取って読んでみると、説明が簡潔すぎて全く頭に入ってきませんでした。

簡単に言うと「〇〇とは〇〇である。」みたいな例を挙げると「RFIとは情報提供依頼書である」みたいな感じです。

 

「いやいや、情報提供依頼書ってなんだよww」みたいになりましたね。「これがベストセラー?マジかよ。」

 

説明はされているものの全くの無知の初心者には厳しいです。頭に入りません。

勉強は理解しないと頭に定着しないです。この本はその理解の部分をすっ飛ばしています。

 

ならどの参考書がいいんだよ!!と思われると思います。僕と同じように理解しないと頭に入らない。理論づけながら勉強したい。という人は次に紹介する参考書がおすすめです。本屋さんで4時間ほどかけてこの目で選び抜いた一級品です(笑)

 

この参考書が間違いない!

僕が4時間かけ選び抜いた参考書というのはこちらです。

 

 

はい僕が選び抜いた参考書は「いちばんやさしいITパスポート絶対合格の教科書+出る準問題集」です。

 

僕が持っているのはこれの一つ前の出版のものですが、新しいほうがいいでしょう!

 

この参考書は栢木先生で不足している理論づけの部分をとても程よい分量で肉付けしてくれているので簡潔で分かりやすい説明となっています。さらに本の中身のデザインも落ち着いていて読み込みやすいところも好評です。

 

なんといっても出る順番になっているので本番を見据えた形で学習に臨むことができます。

 

分量が栢木先生に比べて多くなっているのですが、それは解説がしっかりしているが故ですので気にしなくていいでしょう。むしろこれくらいの分量が無いと資格取得には不十分と考えます。

 

一回本屋さんで中身を見てみるのが一番だと思いますが、そんな時間もないという忙しい人も多いと思います。

 

そんな人に一つの判断基準にしてもらいたいのが

・実際の仕組みを理解しつつその知識をそのうち活かしたいという人は「いちばんやさしい」

・取り合えず資格だけほしい。なんだかよくわからなくても暗記は得意という人は「栢木先生」

を選択すれば間違いないと思います。

 

しかし、せっかく勉強するならちゃんと身に着けたほうがいいと思うので僕はいちばんやさしいを推薦させていただきます。

 

最後にITパスポートを就活の為に取ろうと考えているのは間違いです。まず、就活のネタにするために資格を取る。という姿勢が間違えています。

「えっ・・・。」

と思った人はこちらの記事を読むといいかもしれません。

 

jinnseikashikoku111.hatenablog.jp

 

それではみなさんも勉強頑張りましょう!!

ビールが値下げ、発泡酒が値上げ。なぜ今更?

f:id:kudoushinnichi1998:20190204091647j:plain

こんにちはビール大好き大学生Kazukiです

 

巷で話題になっています。ビールにかけられている税率の改定について。

 

現在、生ビール(スーパードライなど)が一番税率が高く350 ml当たり約77円、発泡酒(淡麗など)が約47円、第三のビール(金麦など)が約28円となっていますがこの税率が一本化され54.24円になることが決定しました。

 

これにより、生ビールの金額が下がり、発泡酒第三のビールの金額が上がるということになります。

 

僕自身生ビールが大好きなのでより安くたしなむことができるのはとても喜ばしいことなのですが、そもそも生ビールよりも発泡酒第三のビールのほうが作るのにお金掛かってるんですよ。実は。

 

それなのにスーパードライが高い理由は税金のせいなんですね。

 

麦芽使用率が2/3以上でないと日本では生ビールと定義されないんですよ。そしてそれに区分されるものの税率が一番高くて、それ以下にして税率を下げるための企業努力によって発泡酒第三のビールが生まれたんですね。

 

それなのに実際に第三のビールが販売してみたら生ビールよりもそちらのほうが売れる。そのおかげで税金が一番回収できる生ビールが売れない。なら第三のビールの税率を上げるために名目上一本化しようという流れです。

 

僕が言いたいのは、制度に縛られる中必死に努力してきた企業の努力が全く認められていないという点です。企業が努力して税金を安くおいしいビールに近いものを開発し安く提供出来るようにしたのを、制度の改定で踏みにじっているところです。

 

結局のところ税金回収できなくなってきたし、税率上げよう。それだけです。

 

企業の成長を妨げるような仕組みで回っている日本も厳しいなと感じた一件でした(笑)

 

 

【大学生必見】個人的モッピーの時間の無駄にならない使い方。

f:id:kudoushinnichi1998:20190120211840j:plain

こんにちは!大学生ブロガーのKazukiです。

みなさん一度は耳にしたことあると思います。ポイントサイト。

アンケートやアプリのダウンロードをするだけで月1000~2000円稼げるというものです。

 

しかし、このポイントサイトでコツコツ稼ぐか、その時間は無駄なのかという議論がされています。

 

個人的には大学生がポイントサイトを利用する=時間の無駄だと感じます。

 

 

大学生のポイントサイトの使い方

だがしかし全く利用しないほうがいいのかというとそうではありません。大学生にもなるとクレジットカードを一枚は持っておいたほうがいい場面が多々あります。アマゾンの支払いやdアニメストアなどのオンデマンドに登録する際にはクレカが必須となってきます。

 

そんな時に公式サイトから単純に発行するのでは正直もったいないです!

 

 クレジットカードを発行している会社はユーザー確保戦争の真っただ中で、各社あらゆる手を使いユーザーを確立しようとしています。

 

その手段の一つとしてポイントサイト経由で発行することで数千円~1万円ほどの報酬を得られる制度があります。

 

大学生の皆さんはクレジットカード作ろうかなと思ったら同時にポイントサイトに登録することを忘れないようにしてください!

 

おすすめのポイントサイト

一番使い勝手がよく、さらに広告の数も多いサイトは「モッピー」です。

 

この手のサイトを運営している企業は多く、どのサイトに登録するのがいいのかわからないと思います。そんな時に判断基準となるのがそのサイトの利用ユーザー数です。

 

利用ユーザーが多い=そのサイトの案件も多くなっているからです。

 

よって現在700万人もの登録者がいるモッピーでクレジットカードを発行するのが個人的には一番だと思います。

 

またそれぞれのポイントサイトで扱っているクレジットカードの種類も違っているのでいくつかのサイトに登録し、実際に見比べてみるのも良いと思います。

 

そんなのはめんどくさい!という人は迷わずモッピーに登録しておけばいいとおもいます!

 

モッピーの登録は↓の広告からできるので気になった方はぜひ!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

大学生は資格を取るべきか?その考え自体が間違いだと気づける人とそうでない人の違い。

f:id:kudoushinnichi1998:20190120112622j:plain

多くの大学生の皆さんには「単位をどうやって取得するか?」「この授業の過去問は無いのか?」など日々頭を抱えていると思いますが、最終的に頭を抱えるのはやはり「就活」ではないでしょうか?

 

今回は、大学生が就活を迎える前にやっておいたほうが良いと言われる中の「資格は取っておいたほうがいいのか?」という疑問に的を絞って話していこうと思います。

 

 

 

極論資格は取るべきか。

最終的な答えとしては資格は取得する必要は無いと断言します。

 

しかし、ほかのサイトでは「大学生が取ったほうがいい資格ランキング」などと取り上げられているのはなぜなのか?という話になってきます。そこも含め順序立てて説明していきます。

 

まずあなたがこのサイトに辿り着くために検索した言葉は何だったでしょうか?

「就活 資格 取るべき」

辺りの内容ではないでしょうか?

 

まずその考え方を改めなければ実際に資格を取得しても意味はない同然です。

 

看護師や医者などの資格がなければその職業に就くことができない資格ならば話は別ですが、あなたが取得しようとしている資格が難易度のそんなに高くない簿記などの誰でも取得することの出来る資格の場合は考えを改めなくてはいけません。

 

実際の企業面接で簿記などの資格を持っていた場合はこのように問われます。

「お、簿記2級もってるんだ。どうして取ろうと思ったの?」

これに対して、簿記という資格の有益性や役に立つからという理由では面接官の興味を引くことができないのです。

 

企業が大学生に求めているものの中に貪欲さというものがあります。

興味のあるものへの探求心が最終的に企業に利益をもたらすのです。

 

要するに企業に個人を合わせるのではなく自分のこんな一面が企業にマッチしていることが重要なのです。この点をはき違えて就活を行っている人が多すぎるように感じます。

 

例えば志望動機を聞かれた際に「御社は~」と企業の良い点を並べるのではなく、「私は~」と自分という人間を一面に押し出したほうが面接官は気を引かれるのです。

 

これを資格の話に置き換えてみると、「この資格を持っていると御社の役に立つ。就活の役に立つ。」から取得したのではなく。「この資格は時代の流れから自分に~な理由で必要だと思った。」など「この資格の内容に興味を惹かれた。」などという内容のほうが良いのです。

 

まとめ

結論としましては、大学生が資格を取得する際には自分なりの取得する意味感じる資格を選んだほうがいいです。僕はITパスポートを取得することにしました。

 

一人暮らしがしたい大学生必見!1年間家賃ゼロ「奨学ハウス」とは?

f:id:kudoushinnichi1998:20190120110201j:plain

大学生の皆さんにはなじみ深いと思います。奨学金制度。

今新たにこの制度が形を変えて浸透していこうとしています。

 

ファクトが運営する奨学サイト「Bekkaku」は2019年1月7日、「奨学ハウス」制度の第一期生の募集を開始しました。

 

 

奨学ハウス制度とは?

奨学ハウスとは、奨学生として採用された学生には2019年4月1日~2020年3月31日までの一年間、賃貸物件を無料で借り受けることができるという制度です。

 

提供する物件は、関東の1都3県の都心近郊市内に限られています。その他にも喫煙者ではないこと、日本国籍を有しているものなどが応募資格に含まれます。他の奨学金制度との併用も可能です。

 

応募方法、期間

第一期生の募集は2019年1月31日まで。2月1日~28日までの選考期間内に、書類選考通過者へ面接についての連絡が来ます。最終的な採用者への発表は3月4日になります。

 

応募方法や詳細の確認はこちらのサイトより行えます。

https://www.bekkaku.net/

 

 

 

 

 

【高収入】立ってるだけで楽!「警備員バイト」って実際に稼げるのか?

アルバイトを探す時バイト先に求める条件って人によって違うと思いますが、実際アルバイトって単純な作業のものが多いですし楽で時給さえ高ければいいのではないか?というのが様々なアルバイトを経験してきた筆者の個人的な見解です。

 

アルバイトにはやりがいが欲しい!出会いも欲しい!という人にはイベントスタッフやリゾートバイトのほうが向いているかもしれませんのでこちらの記事を参考にしてみてください。

jinnseikashikoku111.hatenablog.jp

jinnseikashikoku111.hatenablog.jp

 

しかし、少しでも僕の意見に納得したという人は続きを読んでみてください。それでは本題に入ります。

 

警備員のいいところ

警備員という仕事内容は基本的に皆さんが想像した通りだと思います。施設警備や工事現場の交通誘導、イベント会場の誘導などです。個人的に出勤してみて感じたメリットは3つあります。

1、勤務時間が短い

2、休憩が多い

3、コミュ力が必要ない

 

1.勤務時間が短い

まず大前提として警備員のアルバイトは基本的に日給制の事が多いです。

 

これを踏まえ、工事現場などは工事が終わり次第勤務終了となります。ということは早く工事が終わればそれだけ早く帰れてしまうのです。先輩の話だと最短記録は20分で終わったそうです。

 

夜勤で駅近くの勤務地の場合は終電が終わった後から始発前までの時間は本当に誰も通らなくなります。なのでその時間帯は実質休憩みたいになります。素晴らしい勤務先だと休んでいいよーって言ってくれます。

 

この前横浜駅付近の現場に入った時は2時間半ほどの休憩を貰えました。

 

では、イベントスタッフは勤務時間が長いのか?という話になると思いますが、そんなこともありません。

 

イベントスタッフの場合は各ポジションに4人程配置されその人数で休憩を細かく回していきます。なのでまとめて多くの休憩を貰うことはないのですが、実際に休んでいる時間は結構多くなります。なのでイベントだけ勤務が長いということはありません。

 

「警備員という仕事って実際八時間ぶっ続けでやるのって厳しいんですよ。けど契約上では1時間機休憩ってことになっているので、待機ってことにして実際の休憩を増やしています。」

 

と警備会社の方から説明を受けましたw

 

 

2.休憩が多い

 休憩が多いというのは勤務時間が短いことの裏返しみたいなもので、休憩が多いから勤務が短いという話です。

 

3.コミュ力が必要ない

本当に暇なときは空を見上げているだけで一日が終わる。ということもある。とだけ言っておきます( ´∀` )

 

研修が楽に稼げる。

jinnseikashikoku111.hatenablog.jp

 

お祝い金制度で稼ぐ

警備会社というのは〇日勤務で〇万円支給というお祝い金制度を行っているところが多いです。僕が登録した会社は研修料金32,000円支給+1日勤務終了で14,000円支給でした。

 

つまり、一日勤務の基本給に加え別途14,000円支給されるということです。

 

この制度はかなりお得で、一時期研修金泥棒(研修と勤務数回でやめていく人)がめっちゃ増えたそうです。(笑)

 

学生さんとかならメインではなく暇なときに働くって感じの使い方がいいかもしれませんね!

 

マッハボーナスを利用する

マッハボーナスとは採用が決定した時点でマッハバイトからボーナス(5,000~15,000)くらい貰うことができるサービスです。

 

これで嬉しいのが、警備会社はこのボーナスが比較的高いです!

 

現時点で確認してきたところ15,000円が多かったです。

 

警備バイトを検討しているのでしたらこちらからの応募をお勧めします。